30代からでも、ラクラク、しかも甘いモノを食べながらでも、痩せる方法を、少しずつ配信します。


by 1yaseta

ダイエットに効く2つの方法!



さて今回は、

「ナゼ水を多く飲むと、ダイエットに効くのか?」

について、残り2つの理由についてです。



前回ご紹介したのは、

「体内の水分量を増やすと、筋肉が効率よく基礎代謝をおこなえる」ということでした。




さて、ここであなたに質問です。


人間は塩分を摂りすぎるとどうなるでしょう?



ピッピッピ・・・ポ~ン!



答えは・・・


信じられないかもしれませんが、

人間の体は塩分を摂りすぎると、「太ります。」



(?_?)ナゼ・・・



なぜなら、塩分が多く入ってくると、

体は、体液の濃度を一定にしようとして、体内に水を溜め込みます。




濃い味付けの食事をした時に、

「よく喉が渇く」という経験はありませんか?


それは、体が水を欲している証拠です。



そして、水が体内に溜め込まれると、顔や手足のむくみとなって現れます。


これが度を越すと、俗に言う水ぶくれ状態になります。



「だけどただの水でしょ?」と思うなかれ・・・(・O・)ノ



水分が体に留まるということは、

体内から排出するはずの「脂肪分を含んだ老廃物」まで出て行かなくなる、ということです。




だから、塩分を摂り過ぎていると、

どんどん体に「脂肪分を含んだ老廃物」が溜まってしまい、

「痩せにくい体」になってしまいます。



この摂りすぎた塩分を、少なくするには一体どうすれば良いのでしょう?



答えは簡単!



・・・この続きは、私のホームページで開催している、

期間限定の無料メールセミナーに登録して頂いた方にお教えしています。(^O^)/

↓こちらのサイトの最初の画像のスグ下、左側のフォームから簡単に登録できます。

http://1yaseta.com/30yaseta.html
[PR]
by 1yaseta | 2008-04-22 11:26