30代からでも、ラクラク、しかも甘いモノを食べながらでも、痩せる方法を、少しずつ配信します。


by 1yaseta



今回は、お腹を引っ込める方法、

特にお腹の脂肪燃焼を加速させて、お腹を引き締める為の運動を紹介します。


やり方はいたって簡単(☆∀☆)



【準備】

○ 床の上(畳かカーペットの上がベスト)にゴロンと横になりヒザを立てます。

○ 手はアタマの下に置いておきます。



それではいってみましょう。(^O^)/



1:ヒザを曲げたまま、「左」足を上げます。

2:次に「右」手で、上げた左足の「外側」の踝(くるぶし)を触ります。

3:左足、右手を下ろして、手はアタマの下に戻します。

4:今度は、ヒザを曲げたまま、「右」足を上げます。

5:その上げた右足の「外側」の踝(くるぶし)を、今度は「左」手で触ります。

7:右足、左手を下ろして、手はアタマの下に戻します。



この動作を交互に、「ゆ~っくり」と、30秒間おこないます。


「ゆ~っくり」のスピードは、30秒間で、左右6回づつ、合わせて12回くらいできるスピードで十分です。



ポイントは、手でくるぶしを触りに行くのではなく、

「手で触れるトコまで脚を上げる」ということです。




そうすると自然に下っ腹にチカラが入るので、

その部分の脂肪燃焼が加速されるというわけです。



・・・この他にも、お尻を小さくする方法や、

お腹イッパイ食べながら10kg痩せる方法を

期間限定の無料メールセミナーに登録して頂いた方にお教えしています。(^O^)/

↓こちらのサイトの最初の画像のスグ下、左側のフォームから簡単に登録できます。

http://1yaseta.com/30yaseta.html
[PR]
# by 1yaseta | 2008-05-22 07:15

今回は、ダイエットに一番大切なことのお話しをしたいと思います。



『ダイエットに一番大切なこと』


一体なんだと思いますか?



それでは答え行きます!!



答えは・・・



・・・この続きは、私のホームページで開催している、

期間限定の無料メールセミナーに登録して頂いた方にお教えしています。(^O^)/

↓こちらのサイトの最初の画像のスグ下、左側のフォームから簡単に登録できます。

http://1yaseta.com/30yaseta.html
[PR]
# by 1yaseta | 2008-05-22 05:42

さて、今回は「甘いモノ」についてです。



あなたは、ダイエット中には甘いモノを控えた方が良い、と思いますか?



実は、ダイエットの大敵とされている甘いモノですが、

食べるタイミングを間違わなければ、やせる為の強~い味方になります。



具体的に何時かと言うと、

食前、食事と食事の間、「疲れた時」などが、そのタイミングです。



簡単に説明すると、甘いモノを摂ることで血糖値が上げるので、

余計な空腹感を抑えることができます。




空腹感がなくなれば、余分な間食を減らせるし、

甘いモノを食べることで、満足感もありストレスも軽減できます。




それに、ダイエット中でも甘いモノを食べられるなんて、

うれしいですよね。(^^)




「んで、甘いモノって例えば何?どの位食べていいの?」



具体的に言うと・・・



・・・この続きは、私のホームページで開催している、

期間限定の無料メールセミナーに登録して頂いた方にお教えしています。(^O^)/

↓こちらのサイトの最初の画像のスグ下、左側のフォームから簡単に登録できます。

http://1yaseta.com/30yaseta.html
[PR]
# by 1yaseta | 2008-05-22 04:15

痩せる為にやること!



さて今回は、痩せる為には、当たり前だと思っていたことが、

実は正しくなかった、というお話しをしたいと思います。



あなたが、過去にダイエットをした時、

3食の分量はどのようにされていましたか?



ダイエットに最適なのは・・・

朝はこれから活動するので「3」、

そしてお昼を「2」としたら、

夜はもう寝るだけだから、「1」で十分だと言われてきました。




でもこれで本当に痩せられると思いますか?




あまりにも当たり前のように言われているので、

疑う人がいませんが、実はこれは「正しくありません。」



本当に痩せたいのなら、夕飯をしっかりと食べなければなりません。




(?_?)ナゼ・・・




なぜなら、人間のカラダは、寝ている間に体内で、

たんぱく質合成が活発に行われます。



次々回、お伝えする予定の「あること」をして、

そして夕飯をしっかりと食べることで、寝ている間に太りにくい体がつくられていきます。




そして、ここからが大切なのですが、

夕飯で食べた食事というのは、実は、翌日の午前中のエネルギーになります。



(・_・)エッ?



そうなんです!


午前中のエネルギーになるのは、朝ご飯じゃなくて、前の日の晩ご飯なんです。


その為にも、お腹一杯、夕飯を食べておくことが必要です。




ちなみに、朝食が、

消化吸収を経てエネルギーになるのは、昼食を食べる頃になってしまいます。




それから、このメルマガを読んでいただいているあなたに、

1つとっておきの秘密をお教えします。






これは今まで、私が有料でダイエットをお教えしている人にしか伝えていないことです。



私のクライアントさんから怒られてしまうので、

できるだけ他の人には言わないでくださいね。





いいですか?






いきますよ!




・・・この続きは、私のホームページで開催している、

期間限定の無料メールセミナーに登録して頂いた方にお教えしています。(^O^)/

↓こちらのサイトの最初の画像のスグ下、左側のフォームから簡単に登録できます。

http://1yaseta.com/30yaseta.html
[PR]
# by 1yaseta | 2008-05-22 03:15


さて今回は、

「ナゼ水を多く飲むと、ダイエットに効くのか?」

について、残り2つの理由についてです。



前回ご紹介したのは、

「体内の水分量を増やすと、筋肉が効率よく基礎代謝をおこなえる」ということでした。




さて、ここであなたに質問です。


人間は塩分を摂りすぎるとどうなるでしょう?



ピッピッピ・・・ポ~ン!



答えは・・・


信じられないかもしれませんが、

人間の体は塩分を摂りすぎると、「太ります。」



(?_?)ナゼ・・・



なぜなら、塩分が多く入ってくると、

体は、体液の濃度を一定にしようとして、体内に水を溜め込みます。




濃い味付けの食事をした時に、

「よく喉が渇く」という経験はありませんか?


それは、体が水を欲している証拠です。



そして、水が体内に溜め込まれると、顔や手足のむくみとなって現れます。


これが度を越すと、俗に言う水ぶくれ状態になります。



「だけどただの水でしょ?」と思うなかれ・・・(・O・)ノ



水分が体に留まるということは、

体内から排出するはずの「脂肪分を含んだ老廃物」まで出て行かなくなる、ということです。




だから、塩分を摂り過ぎていると、

どんどん体に「脂肪分を含んだ老廃物」が溜まってしまい、

「痩せにくい体」になってしまいます。



この摂りすぎた塩分を、少なくするには一体どうすれば良いのでしょう?



答えは簡単!



・・・この続きは、私のホームページで開催している、

期間限定の無料メールセミナーに登録して頂いた方にお教えしています。(^O^)/

↓こちらのサイトの最初の画像のスグ下、左側のフォームから簡単に登録できます。

http://1yaseta.com/30yaseta.html
[PR]
# by 1yaseta | 2008-05-22 02:15